雨の中ねこが行く

ずぶ濡れの体毛は、それでも輝く。

アイマストドンDJ祭に参加した話・他

どうもこんにちは、みずいろこねこです。恐らく普通に記事を書くのは初めてなのかもしれません。企画モノばっかり書いてますからね……

さてさて、まずはタイトル通りのことから。

2/29に、

imastodjfes2002.tumblr.com

こちらが開催されました。なんと(一本WAVとはいえ)DJ初参加ですよ奥さん。

評判を見る限りは、まあ悪くはなかった……のかな? 感想お待ちしております。

ところで、このMIXのテーマなんですけども。

真実の愛

……とでも言っておきましょうか。恋人同士ではなく、「最高の友達」としての愛。まあ最初の方でそれも終わって、すぐ次の恋に移るあたりある意味自分らしいな、なんて思ったり。

愛することは生きること、なんて歌詞はなかなか僕の生き方に近いなあだなんて思ったり。

そんな感じです。他の人のDJもガンガン盛り上がれるので是非聞いてくださいね!

ちなみに僕の音源はこちらです↓

www.mixcloud.com

以下セトリ。

f:id:rainyaquacat:20200302105103j:plain

次。

歌姫庭園に参加しました。サークル側で。

まあ2日目はミリオンメインでしかも委託だったので、持っていった苺と薔薇リベイクはあまり売れませんでした。でもみしねこさんの本が沢山手に入ったり、ストレートに色紙を入手できたりしたのでまあまあオッケーです。次回はデレメインの日に参加したいなあ。

次。

デレ7th2日目大阪を現地で見たお話。

生バンドで佐久間が出る!ってだけで応募かけて引いた現地。どうやら1日目にin factのアレンジが行われたらしいがそんなものは知らない。

まあ心残りはあるものの、2日目の朝に大阪へ急行し現地で塊を築き上げフラスタを見るのさえ忘れライブへ臨みました。

連番者2TBさんとともに早めの入場をし、軽く睡眠をとってイリュージョニスタ!が流れたあたりで覚醒しライブスタート。

いつもどおりのチッヒ挨拶、からの初手ガルフロ。とばすなあ、などと思って数曲後、nocturneで牧野由依登場。

ここで大事件が発生しました。正直歌詞を覚えていたので登場した瞬間に気づくべきだったのですが。

佐久間が「愛してる」発言をした!

これ、なかなか信じてもらえないのですが、どこをどう掘り返しても佐久間って「愛してる」など直接表現で思いを伝えたことってないんですよね。臆病に逃げ回り、比喩的表現でしか思いを伝えて来なかったんですよ。

それが今回まっすぐに言ったもんだから、その瞬間僕の思考はそれでいっぱいになってしまいました。おかげでほかをあんまり覚えていません。

そうこうしているうちにメインとも言えるアレンジコーナーへ。

あれ、また牧野由依がいる。このコードは……エヴリデイドリーム!?

そう、原点にして至高、エヴリデイドリームのゆったりとしたアコースティックアレンジ。そこには一片の悲しみもなく、遠い過去を思い返し柔らかく笑う佐久間の姿がありました。

いつだってまっすぐに愛を伝えてきた佐久間が、まさしく思い通りの形となってそこに立っているように見えました。僕はただ涙を流すことしかできませんでした。

愛を伝えることができた彼女は、まさしく理想の微笑みでそこに立ち、そしてハネムーンへと……つながったのでした。

音色が変わり、まさに花が咲くように可愛い笑顔を浮かべる牧野由依。後の解説のような南国の風は感じることはできませんでしたが、そこには最高の幸せを手に入れた佐久間がおり、楽しそうに歌っていました。

元同級生の滝澤さんとのコラボということもあったせいか、その空間は最高の幸せと愛に満たされたように感じました。終わった瞬間に会場は大きな拍手に包まれ、僕はただただ感動で身体を満たされていました。

それから何曲もやって、いきなり静かになって。その日最高のハコユレを叩き出したであろう瞬間が訪れます。

そう、紅。

正直、カバーでしか聞いたことがなかったのですが、これはライブでやったら盛り上がるだろうなと思っていたことが実現しました。しかも生バンドで。

真っ赤に燃え上がる会場、本当に燃え上がる火柱。なんとも言葉はアホらしいですが、そのステージはまさに至高と言っても過言ではないほどに爆発していました。

収まらない興奮、ブチ上がる会場。最高のものを見ることができたライブでした。

そして、このライブが初めての千秋楽だった僕は、その事実を理解はできても受け入れることはできなかったようで。

アンコールのお願い!シンデレラで、初めてボロボロに泣きました。

ああ、終わってしまう。最高の魔法が、もうすぐ解けてしまう。そう思うと、涙が止まりませんでした。

その後の打ち上げまであーとかうーしか言えなかったり、感想言ってる途中でガチ泣きしちゃったりしたりいろいろありましたが、それも含めて最高のライブでした。恐らくこれを超えることはないと思うと、少しだけ寂しいです。

だって、佐久間はもう初めて「愛してる」と言うことはないのですから。その瞬間に出会えたことが、最高の幸せだったのです。

といったところで、今回は筆を置きたいと思います。ご拝読ありがとうございました。

クリスマスの思い出とか

えー、メリークニマスクニマスさかなクンさんが発見した元絶滅種の魚です。

直前の記事は上がっていないのでまた後で。

知っての通り、現在ドリームアウェイイベントが開催されております。只今の順位は206位です。きょうから後半戦なのでどこまで落ちるか楽しみですね。ていうか、そのせいでネタが浮かばんのですよ。かなしい。

クリスマスだからって何を思い出すわけでもないのですけれど、僕は割と夢のない子供でした。もちろんサンタクロースなんていないと思っていたし、神など存在しないと言い続けていました。

それなりに空気を読むことができるので、プレゼントだけはしっかりもらっていました。GBCとかテリワンとか。

最近の思い出では、前の彼女と初めて出会ったりもしましたね。もう8年前のおはなしです。

6合ケーキ食べ尽くしRTAをしたりもしました。

…………

あー! やめだやめ! 他のこと書く!

そういえば僕ね、好きなこといっぱいあるんですよ。その一つが水族館なんですけど。今回も画像はありません。

昔は相方がいたのでそれとよく行ってたのですが、正直一人のほうが楽しめることに気付いてしまって、それからよく一人で行ってます。

金魚に限らず、イワシのカーテン、ミズクラゲの大水槽、海を再現した多種の魚がいる大水槽、熱帯魚の水槽、チンアナゴ、ニシキアナゴの水槽、はたまた海鮮料亭の生簀まで。

魚達が優雅に泳ぐ姿は、それを眺めているだけで不思議と心がやすらぎ満たされていきます。浮世離れした風景にゆっくりと浸れる空間は、いつだって我々を癒やしてくれるのです。

正直家でも魚やりたいのですが、スペース問題とか家の強度問題とかたくさんありまして……。なにより世話がうまいことできる気がしないんですよね。生き物を飼うことに向いていない。

そういうこともあって、僕は水族館でぼんやりと魚を眺めるのが大好きなのです。すみだは値段の割に狭いけど、展示物がたいへん豊富でとてもおすすめです。新サンシャイン水族館はまだ行ってないなあ。今度行くかな?

さて、水族館といえば栗原、八神、橘、伊吹のガイドアクアリーズですね。それに魚に詳しい浅利、さらには料亭の看板娘の首藤もいます。シンデレラは案外魚につよいのです。

そういうことで、ガイドアクアリーズもとい橘と栗原をよろしくお願い致します、ご理解に感謝します。

こんなところで筆を置かせていただこうと思います、乱文失礼いたしました。

次の方はもちづきさんで、局アナトークの模様です。もちづきさんのほっぺはもちもちになったのだろうか(?)。

みずいろ、あいいろ、べにいろ。

こんばんは、みずいろこねこです。この記事はやっきゅんのアドベントカレンダーオカワリー!オレモー! Advent Calendar 2019 - Adventarによって書かれています。

特にこれと言って挨拶が思い浮かばないので書いていきましょう。

前回の記事は12/7の

kazeminote.hatenablog.com

こちらです。 矢吹可奈、ムビマスで見た丸くなってる姿が目に焼き付いて離れません。あの瞬間が一番かわいかったように感じます。

さてさて、それではやっていきましょう。

みずいろ、あいいろ、べにいろ。パッと並べて何のことだと首をかしげる人も多いと思います。これ、実は担当四人の色なんですよ。水色はもちろん

f:id:rainyaquacat:20180722071311j:plain

栗原ネネと

f:id:rainyaquacat:20190731050239p:plain 佐々木千枝

あいいろは f:id:rainyaquacat:20181206064906p:plain 橘ありす。

そしてべにいろは f:id:rainyaquacat:20191210061538p:plain 佐久間まゆです。

そして、橘を中心に全員がつながっているんですよ。すってきー!

……僕は何の話しようとしたんだっけ?まあいいや。

最近まともに纏めていなかったので、佐久間まゆの話でもしましょう。

佐久間の歌っている曲を何度も何度も曲を聴き込んでいるうちに、僕はあることにきづいたんですよ。

こいつストレートに好きって伝えたことないのでは?

そう思い立った僕は、彼女のカードを漁り始めます。どのカードも、思ったとおりPへの想いは語っているのですが、素直に「愛してる」や「好き」といったことがないんですよ。

エヴリデイドリームで言ってるんじゃないかって? そんな君は歌詞の読み込みが足りないよ。「大好きだよ」伝えたいよ、って歌ってるじゃないの。それも含めて、あの歌はいいたくてもいえない気持ちがしっかり伝わってくるいじらしい歌なんですよ。

浮かれポンチと言われたMSH(マイ・スイート・ハネムーン)だって月が綺麗だねという程度に留まっているし、らぶですだって貴方だけを見るって歌だけど一切好きとか出てこない。これは不思議ですね。

こいつ……もしかして

臆病なのでは?

この結論に至った人は正直少ないと思います。佐久間はいつだって完璧で、それでいてPに対して大変に積極的で。それはもう肉食系女子といっても差し支えないものだと思ってる方が多いと思います、実際僕も最近までそうでした。

でも気づいちゃったんですよ、佐久間もやっぱり小さな女の子だって。

Pのことが大好きで大好きでたまらないけれど、その想いを伝えて今の関係が壊れてしまうのが嫌だ。他の人にとられてしまうのも嫌だ、なんて。そんな事を考える思春期の女の子なんだって。

どれだけ積極的で、ちょっと危ない行動に走っていたとしても。それでも心のうちに秘めた想いひとつを伝えることに二の足を踏んでしまう、そんな子なんです。

きっと手を伸ばせば届くだろうに、佐久間はそれで今の関係が保てなくなってしまうことのほうがつらいんですよ。そういう経験、皆さんにもありませんか?僕はいくつもあります。その先に待つのは後悔だけだとわかっていても。

正直Pとアイドルがくっつくことなんて良くないとは思いますが、肩書なんて邪魔なだけです。最後は自分の望むようにしていくものだと思います。

そういうことで、臆病で小さな女の子の恋を貴方も応援してみませんか?

といったところで筆を置かせて頂きたいと思います。少しでも皆様の人生の足しになれたらなと思います。

次回は、12/13のみずあおい氏です。鉄オタならではの考察。期待して見守りましょう!

P.S.佐久間の沼はどこまで底なしなのだろうか……?

霧に満ちた谷の底から

えー、今晩きりこ(?)。今回もやっきゅんのたんあいがたりに沿って記事を書いていきます。 先日の記事は、

note.mu

こちらでした。僕も大好きなんですよ銀河図書館。語りがね、こうね、なんというかね、すき(語彙力)。

さてさて今回ですが、みんな大好ききりりんこと幽谷霧子について書いていこうと思います。画像はありません。

きりりん

きりりん……というか、アンティーカにはまりはじめたのは、実は今年の4月くらいだったりします。さいしょに半年くらいやって、しばらく離れて無料10連あたりで復帰して。Pカップ前にTrueをぼんぼこ生み出せるようになった頃、マジーア・アンティーカのイベントがきました。

そこで降ってきた、白白白祈のTrueがすごいよくて。前からものの気持ちをよく考える子だと思っていましたが、ここまでとは。SRで泣かされるとはおもわなかった。みんな見ましたか? みましたよね?? え、アイドルコミュ? 知らない子ですね……

そこからなんとかSSRを引き当て、金魚とゆらゆらしたり糸電話で遊んだり、延々とSランをマラソンしたり。

そうしてきりりんの在り方を理解していき、担当するにいたりました。

ふにふに

本文はここまでですが、やっぱりきりりんのほっぺも柔らかそうでふにふにしたくないですか? したいですよね? ふにふに。

何かの……罰なのでしょうか……

親愛度が……足りない……だと……?

そんなこんなで、明日は凍土高原さんで七尾百合子です、お楽しみに!

ちえちゃ

えー、こんにちえちゃ(激寒)。この記事はやきゅさん主催のブログリレー企画【たんあいがたり-natsu-】の参加記事です。

直前の記事はこちら。

hanabusa-yuduki.hatenablog.com

田中琴葉、王道のヒロインタイプなので気にはなっていますがはなぶさまんとくっついてるなら無理だなー厳しいなー!嘘です。気にはなっています。

ちえちゃ

さて今回の話に入っていくわけなのですが、僕が書き連ねるのは

f:id:rainyaquacat:20190731050239p:plain
あぁ^〜
ちえちゃ……もとい、佐々木千枝についてです。

お前は佐久間や橘じゃないのか? と言うあなた!ブログの過去記事には佐久間が、丼の固定には橘が置いてあります。ぜひ読んでみてください。それはそうと、橘誕生日おめでとう!君も今年で二十歳だ、新しい世界を一緒にたくさん見に行こうな。

ちえちゃすきになった理由

さて早速本題に移っていくわけなのですか、実はちえちゃを担当枠に入れたのはわりと最近の話なのです。

アイドルマスターシンデレラガールズU149の三巻にて、とあるライブのオープニングアクトを務めることになった第三芸能課のリーダーとして抜擢されます。その理由は、周りをよく見ることができ、サポートも上手だというところからです。

ちえちゃはその役は向いていないと言いつつも、周りからの推薦によって引き受けることになります。しかし、他のメンバーと比べると少し遅れがちになってしまっていました。

そんななか一人早い時間から自主練をしているところをPに見つかって、ちえちゃは自分の心の内を話し始めます。

千枝は、みんなに置いてかれちゃうのが、怖かったんです。

どんどん前に進んでいけるみんなが、プロデューサーさんとお話できたり、意見を言い合えるのが少し羨ましくて。

リーダーだからみんなを引っ張ってまとめなきゃなのに、こんなに自分のことばかり考えちゃってて。千枝は、リーダー失格です……っ

なんやかんやあってライブは成功するのですが、このシーンは強く僕の頭に残っていて。がんばり屋さんで、みんなを羨むばかりで、自分を卑下してしまう。そんなちえちゃを、もっと笑顔にしたくて。

そうして僕は、ちえちゃの担当になったのです。

ふにふに

本文はここまでです。ところでささきちえちゃのほっぺってとってもふにふにしてそうじゃないですか?ふにふに。

というか、いきなりほっぺふにふにしてもうっ。って怒られたくないですか?ふにふに。僕は怒られたい。

もうっ。

怒られてもやめられないんだよなぁ~ふにふにふにふに。

もう~っ、しかたないですねぇ~(にこにこ)

あ、次の方はa54さんで、小宮果穂についてです。いい加減シャニ復帰したいと思って3ヶ月が経っている。ふにふに。

もうっ。

我が親愛なるアイドルたちへ。

こんばんは。この記事は、

adventar.org

こちらのアドベンターに準拠して作成されております。前日の記事は

ネクスト・ステップ – とりから国土計画(仮)

こちらです。ほた、いろいろとめでたいこと続きだしとっても嬉しいね、諦めきれなかった夢たちがかなってよかったね。心から祝福するよ。

お前は誰だ

あんだけ記事書いておきながらあれなのですが、実はこのブログでの自己紹介を一切していないことにさっき気が付きました。だめですね。

名はみずいろこねこ。由来は昔好きな女の子がみずいろとねこが好きだったから。

アイマスにハマったきっかけは、デレステ一周年にバイトちゃんに勧められてから。それ以前は初音ミクのオタクをしていました。

担当は前の記事を見てね。

主にもじかきやおえかきをして飲食業に励んでいます。あくまでも現実主義者なのでそこは勘弁。

今回何を書くの

問題はこれです。ここで僕のアドベンターに登録されたものを見てみましょう。

f:id:rainyaquacat:20181224083112j:plain

なんやねんこいつ。

準備もなにもしていないので主な担当について語っていきましょうかね。

見てくれた方はわかると思うんですけど、僕担当が多いのですよ。18人。もう追いかけるのも大変。

まあそんななかでも、主担当となるのが橘、佐久間、栗原、そして佐々木です。この4人をPDCAサイクルのようにぐるぐるしているわけです。最近ちえちゃんばっかりな気がしないでもない。

担当多すぎ問題に関しては、断腸の思いで整理を考えたりもしました。ですがまあ見て分かる通り、整理がうまくいってないんですわ。だってみんな好きだし大事な仲間だもん。

ということで、担当に共通するものを考えてみることにしました。

僕が人を好きになる理由

まず、僕の求める理想像を考えてみましょう。基本的に頑張っている人はみんな好きです。そのうえで、自分の心に響くものがあるかどうかがそれ以上に発展するかの差ですかね。

だいぶ前にフサギコ氏に言われたのは、「健気な子が好きでしょ」なのですが、だいたい合ってるんですよね……。そこに年齢は関係なく、悩み抜いて答えを出していく、そんな人が好きです。

僕のメイン4人に関しては、どの子にも当てはまっているのではないでしょうか? 佐久間はP一直線から周りを見るようになりましたし、佐々木はスピンオフですが大きな悩みを乗り越えていますし。

橘と栗原はまあ言わなくてもわかるか。

こと安部に関しては、自分の持つ悩みを形にしたような存在でして。いつまでここで立っていられるだろうか、ここがだめになったらどうすればいいのか。そういう辛い時に、勇気をもらえた存在です。

結局誰が好きなのさ

うーん、嫌いな人を作るほうが難しいので結局みんな好きなんだよなあ……。

一人挙げるとすれば佐久間になりますかねえ。某アカウントは置いといて、僕の感性に最も合っていて、そのうえで僕にないものを持っている。もう完璧じゃないですか。

愛が重いとかいわれていますが、そこが一番の魅力だと思うんですよ。てか重いと言うか、全てを包み込んでくれる愛。それが佐久間の真髄。

栗原ではないのかって? 彼女は別枠だよ。佐久間と求めるものが違う。妹が元気になって、これからどんどん幸せになっていくさまを眺めていたい存在かな。

とまあここまでいろいろ書いてきましたが、僕が求めるものってだいたい単純なんですよね。

そこに何かに対する強い愛があるとか、必死にがんばり続ける姿があるかとか。白菊なんかわかりやすい例ですね、実は更新怠っているので表には書いていませんが。

僕が読者様に宛てる言葉はこのくらいですかねー。担当達にかけたい言葉は以下に。

悩むことはつらいし苦しいかもしれない。でもその答えは君たちしか持っていない。僕には手助けをする程度しかできない。だから、いっぱい悩んでほしい。そうやって得た答えは、きっと最高に輝いているはずだから。悩み、苦しみ、生き抜いて欲しい。 そして……、僕に最高のステージと笑顔を見せてくれ。

……ご拝読ありがとうございました。ジョンベベベントカレンダー、25日めのみずいろこねこでした。

いつも見ない方に目を向けて

こんにちは。今回の記事はアイドルマスター Advent Calendar 2018 - Adventarの趣旨に則り書かれております。

前日の記事は紗那しゃなさんの

kotorilike.hatenablog.com

こちらの記事です。TC、動向は気になりますねー。僕はゆっくり眺めさせてもらいますね。

毎回アドカレたくさん参加しすぎなんじゃないかなあ僕は。

まあそれは置いておいて、今回は「担当の話」は抜きで書いていきたいと思います。正直担当についてはいつでも話が出来ますからね。

というわけでim@stodonのプロフィールを担当表と代えさせていただきます。 f:id:rainyaquacat:20181220065327p:plain

……多いな。すでにできるかどうか不安になってきたぞ。とりあえずやっていきましょう。

数を増せばいくらでも書けてしまうのでキャラを絞っていきましょう。今回はこの子に注目してみようかな。

f:id:rainyaquacat:20181220070548p:plain

島村卯月ちゃんです。安直だって? 知らん知らん!

まあ担当ではないのですが、僕にとっては結構大きな存在だったり。アニデレの主人公だしね。デレステでもいつもお世話になっております、スキル的に。

うーちゃん、結構健気な子なんですよね。なんでも「頑張ります!」で超えていっているあたりすごいなあと思ったり。どんなことにでも前向きになれる姿勢は見習いたいですね……。

しかしその背景は、長すぎる(主観あり)アイドル候補生というなかなか暗い過去があります。アイドルになれるという保証もなく、ただレッスンを続ける日々。どれだけ神経をすり減らされてしまったのでしょうか。

脱落していく周囲の人々、またはオーディションに合格していく人たち。島村はそれを見て、一体何を考えていたのでしょうか。頑張らなくては、とか、私もいつかは、とかでしょうか。

アニデレで名刺をもらった日、渋谷や本田と出会った日、たくさんの仲間達と触れ合った日。島村が頑張らなかったことはなかったのでしょうか。

アイドルになることが目標だったとも言える彼女には、今の生活が夢に見たものとなっているのでしょうか。

見る限り、島村は今の生活を楽しんでいるように見えます。でもその実、自室では仄暗い何かを飼っているのかもしれません。頑張っている人ほど、その裏は深く暗いもので満たされているものです。

例えば布団に潜り込み、きょうあったことを振り返る島村。いいことあったなあと笑いながら眠りにつくのか、それともあそこはもっとできた、あの子はすごいなあ私とは違うなあと涙を流すのか。

ただのアイドル生活よりも、僕はそういったところに強い興味があります。頑張っている人の裏側。興味をそそられませんか?

うーん、知っていることが少なすぎてまとまりのない文章になってきたな。話題を変えましょう。

うーちゃんの容姿を見ていきましょう、

f:id:rainyaquacat:20181220074711p:plain

うーん、かわいい(?)。特徴的なふわふわハーフアップと毛先のカール。これどうやってセットしているんでしょうね。僕もこんな風に女の子の髪セットしてみたい(???)。

まあ書いたものの、あんまり容姿から惹かれるタイプではないので書けること少ないんですよね。かわいいくらいしか言うことがない。

まあでもうーちゃん、先の6thではとても素敵でしたね。はにかみの記憶しか無いんですけど、いままでプロデューサーに引っ張られてきた彼女が今となってはプロデューサーを引っ張る存在になっていることとかエモすぎてちょっと泣きました。こういう体験、正直する機会ないですからね本当に。

そうだ曲の話しましょう曲の話。うーちゃんの歌う気まぐれロマンティックすごい好きなんですよ。ほんとに可愛さ引き出しすぎでしょあの歌……。うーちゃんならあんなこと言いかねない。

S(mile)ING!も好きです。スポットライトを当てられるのを待ちきれずに自らダイブしていっちゃうあたりうーちゃんらしいなあなんて思ったり。ライブ盤を聞くと今でも少し涙ぐんでしまう……。年をとったものだなあと思ったり。

まあここまで書いてまいりましたが、担当とは言っておりませんが島村卯月、結構好きなんですよ。わりと何も知らないですけど。アニデレ知識しかない、もっと担当さんのお話とか聞いてみたいと思っている次第であります。なかなか機会がないものであれなのですが。というかうーちゃん担当が推し推ししてるの正直きりせさんくらいしか知らない……? 他にも「担当してるよ!」って方は是非名乗りを上げて頂きたいですね。そして貴方の思う島村像をお聞かせ願いたいです。いくらでも話は聞きますがもちろん僕からもダイマはします。対戦よろしくお願いいたします、ご理解に感謝いたします。

……はい、ここまで! だいたい2000字です! けっこう辛い! 担当語りなら無限にできるのにただ好きなアイドルのことを書くのがこんなにも難しいだなんて。

気力がつきたところでここらで筆を置かせて頂きます。乱文をお読み頂きありがとうございました。