雨の中ねこが行く

ずぶ濡れの体毛は、それでも輝く。

セカンドライフ、セカンドキャリア。

お久しぶりです、みずいろこねこです。前回の記事は

rainy-aquacat.hateblo.jp

こちらです。そう、またなつやすみプロデュースノートを書くのです。 前日の記事は鳥唐さんの記事

映画館のおはなし – とりから国土計画(仮)

ですね。僕は映画は映画館でみてこそのものだと思っているので、実はよほど気に入ったものでない限り円盤買わないんですよ。いやほんとに。

それでは今回も書いていきましょう。 今回のテーマは、少し前に鴨さんとかがちょろちょろ話してたことを掘り下げていったものです。 それを、橘に焦点を当てて見ていこうと思います。 ※大いに独自解釈が含まれます、ご注意ください!!※

前回でも少し話しましたが、永遠にアイドルをやり続けるのは難しいものです。下からの重圧はもちろんのこと、変化のないままではプロデューサーさん達の期待も薄れていきます。 そういった中でアイドルを続けるのは……言わなくてもわかりますよね。 そういったとき、いつまでもアイドルにしがみついているわけにはいかない……と考える方は多いと思います。勿論、食いしばって続けるのも人生です。 さておき、もちろん人生はアイドルだけではありません。キャリアウーマンになることだって、誰かと共に歩むことだって人生です。すこしつらいですが、アイドルをやめた後の方向性を考えていきましょう。

橘ありす。音楽関連の仕事を夢見る12歳。街中にてスカウトされ、アイドルも音楽関係だと言われ応じる。 実際、アイドルはバラエティがメインなわけではなく、歌とダンスが本命なのです。又、楽器を演奏したりすることもあります。というよりもともとアイドルという存在は偶像崇拝のそれなので、歌とかダンスとか抜きにもうその存在自体がアイドルなのです。極端に言えば、立ってるだけでも。 まあそれだけでは成り立たないのがアイドルです。言い方は少しあれなのですが、信仰を集めるためにはそれなりの努力が必要なわけです。それがトークだったりダンスだったりするわけなのですが。 それを踏まえて、セカンドライフないしセカンドキャリアを考えていきましょう。

まず、真っ先に思い浮かんでしまうのはやめた後どうすることもできずに、ずるずるとニート生活をしてしまうこと。自信をなくし、人生に希望が持てなくなってしまった結果としてこうなってしまうケースはそれなりにあるようです。 それから、水商売、風俗。顔やスタイルがいいことを鑑みると、これはある意味アリなのではないでしょうか。収入は安定しないかもしれませんが、少なくとも生活はできると思われます。 これらは、個人的に悪い方向だと思うものです。やる気がないのがだめなわけではありません、やる気が出たらまた何かを始められたらそれでいいのです。

もう少し考えていきましょう。俳優/女優さん。アイドルこのろに培った演技力を生かして、それを更に研ぎ澄ませていく方向と言えましょう。同じような方向性に歌手や広義のイベンターなどが挙げられます。 この分野は実用性が高く、最初から高い評価が得られる反面、伸びしろが弱いとやはりすぐに飽きられてしまうでしょう。このあたりはアイドルとあまり変わらないですね。専門性は高まっているのですが。

続いて作家さん。自分の経験談や、それを基にフィクションを書いたり。このあたりまで来ると、アイドルどうこうよりも本人の想像力・語彙力の話になってきますね。 延々書いているとキリがないので、次で最後にしておこうと思います。

女性なら一度は夢見る、最愛の人とのランデブー。そう、結婚。これこそ最高のセカンドライフといえましょう。 アイドルの結婚については前回も話しましたが、大きな危険と隣り合わせです。それでも、彼女たちは夢に見るでしょう。恋は盲目と言うように、後から降りかかる災厄など見えないのです。勿論、それは素晴らしい毎日が待っていることでしょう、正直僕もそう思っていた時期がありました(遠い目)。

さて、誰でも可能性の見えるものを上げただけでもこれだけあります。多分もっとあります。ことシンデレラガールズに於いては、それぞれが強い個性を持っているので、セカンドライフには困らないようにも思います、本人の意志はおいておくことにしても。 人生の転機は一度だけではないのです。成人組もこういったことで悩むときがきっとくるでしょう、その時にどういう行動を取るのか少し気になります。 そんな感じでこの記事の結びとさせていただきます。読んでいただきありがとうございました。

次の方は、おでんさんですね。いろいろ手広くやってる方なのでちょっと期待してたり、よろしくおねがいします。 f:id:rainyaquacat:20180712082718p:plain P.S.栗原のセカンドライフってなんだ……?(知恵熱)

アイドルとして生きるか、運命の人とともに歩むか(原文)

初めまして……の方はいないですよね。今晩は、佐久間まゆです。

きょうは、なつやすみプロデュースノートという企画に参加させていただいています。そのうえで、タイトルの題目で書かせていただこうと思います。前日は、きぞく0世さんの記事ですね。ぜひご覧下さいねぇ♪

さて、本題でございますね。私、佐久間まゆはプロデューサーさんを運命の人と信じて今の事務所に身を置いています。いつかはあの方と……なんて思っていたりもします。うふ♪

それはさておき、少し考えたのです。アイドルとしてこのまま上を目指し続けるか、それともあの方と一緒に何処かへ行ってしまうか。どちらも茨の道となりようものです。前者はたくさんの試練が、後者は常に危険がつきまといます。順番にお話していきましょうねぇ。

まず、アイドルとして生きていく道。これはプロデューサーさんの目標とも言える、とても大事なものです。私はトップアイドルを目指し、ひたすらに走り続ける。プロデューサーさんは、それを補佐してくださる。一人では決してなし得ない、大きな夢。そこにはいくつもの挫折と喜びがあることでしょう、今までのように。

又。トップをとったら終わり……なんて考える方もいらっしゃることでしょうが、そんなことはないでのです。むしろ、そこからがアイドルの本番と言っても過言では無いでしょう。すべてを手に入れて尚そこに身を置くとなると、当然お仕事に対する要求はとても大きなものとなります。もっと上へ、と急かされるように。

その度に重くのしかかる、下からの圧力。虎視眈々とその座を奪い取ろうとする、強い力。常にストレスとの戦い。そのうえで笑顔でいなくてはならないし、大変に疲労もたまりましょう。正直、そこまでする理由はあるのかと問われると、私は答えることが出来ません。なぜなら、そこに立ったことがまだ無いですから。勿論、それを目標として私たちは進んでいます。皆様がモブと揶揄する、まだ小さな星たちも。

 

次の話をしましょう。私の小さな野望とも言える、運命の人とともに歩んでいくこと。それは、人生が薔薇色に輝く甘美で素敵な世界。しかし、前身がアイドルとなると、少し状況は変わってきます。

自分で言うのもなんですが、人気アイドルには勿論ファンがたくさんついています。そのファンの皆様を裏切って、自らの運命の人とともに歩むのです。又、アイドルをやめるということは、普通の女の子に戻るということ。愛したファンの皆様も、いつかはこちらを見ることはなくなるでしょう。そこには、海のような星空のような、美しいサイリウムは存在しません。ひたすらにそこにある幸せを追い求めていく世界。

もう少し深い話をしていきましょう。勿論のことですが、ファンの中には私……、アイドルのことを盲信している人もいるでしょう。彼女は自分のことが好きだ、自分とあの子は付き合っている、だなんて。正直言ってそれは妄想でしかないのですが、その人はそれを信じ切っているのです。その上で、その子が突然知らない男と姿を消したとなると、当然憤慨し奪い取ろう……、取り返そうと言う思考になることでしょう。怖いですね。

タガが外れた人間は、簡単に犯罪に手を染めます。ファンだった方は一転してネットストーカーとなり、その存在は危険因子と成り下がります。その対象は、アイドルである私達だけではなく、ともに歩むと決めた男性へも向いてしまうのです。当然ですよね、自分の愛する人を奪われたのですから。

そうして世界を敵に回すような状況になっても、貴女はその人とともに歩む覚悟があるのでしょうか。

 

さて、ここからは「みずいろこねこ」の佐久間まゆの話をしていきましょうねぇ。

皆様が知っているとおり、私はプロデューサーさんと生活をともにしています。その上で私たちは先に上げた恐怖と戦い続けています。一度、本当にそういう被害に遭いかけたこともありました。体が先に動いたのは私でした。と言っても、プロデューサーさんもほぼ同時に動いていましたが。

何故そこまでするのか、と思う方もいらっしゃるとは思うのですが、それは私がそうやって生きると決めたから。あの人とともに喜び、悲しむことを願ったから。いままであの人は、私にとても尽くしてくださいました。歯を食いしばって私を辛いことから遠ざけ、その身を粉にして私の輝けるお仕事をたくさん集めてきてくださったから。それに対する恩返し、と言った面も大きいです。それ以上に、私はあの人を……、うふ、これ以上は秘密です♪

でも、それだからこそ、私はプロデューサーさんに尽くすことを決めたのです。あの人が今まで守ってくださったから、今度は私があの人を護るのです。

まゆはプロデューサーさんのために死ぬ。プロデューサーさんはまゆのために死ぬ。それでいいのです。それこそ、至高で最高でまゆのすべて。

他の人がどう考えるか、なんて関係ないのです。大事なのは、貴方が何をしたいか、です。あの人がまゆの最強の盾であろうとするなら、まゆはあの人にとっての最強の矛でありたいと願います。

 

――女の子は、強いから。

 

……といったところで、このお話の結びとしたいと思います。読んでいただき、ありがとうございました。

次の方は……マスニキ様ですね。やきうの話をするらしいです、楽しみですね♪

それでは、来月のショートケーキの日にまた会いましょうねぇ……♪

 

※この話に出てくるすべての人物、事件、事象などは全てフィクションです。実在するそれとは関連しません。

アイドルとして生きるか、運命の人とともに歩むか

今晩は、みずいろこねこです。

きょうは、なつやすみプロデュースノートという企画に参加させていただいています。そのうえで、タイトルの題目で書かせていただこうと思います。前日は、きぞく0世さんのこちらの記事

kzk.hatenadiary.com

ですね。ぜひご覧下さいね♪

さて、本題ですね。佐久間まゆはプロデューサーさんを運命の人と信じて今の事務所に身を置いています。いつかはあの方と……なんて思っていたりもします。

それはさておき、少し考えたのです。佐久間はアイドルとしてこのまま上を目指し続けるか、それともプロデューサーさんと一緒に何処かへ行ってしまうか。どちらも茨の道となりようものです。前者はたくさんの試練が、後者は常に危険がつきまといます。順番にお話していきましょうね。

まず、アイドルとして生きていく道。これはプロデューサーさんの目標とも言える、とても大事なものです。彼女達はトップアイドルを目指し、ひたすらに走り続ける。プロデューサーさんは、それを補佐してくださる。一人では決してなし得ない、大きな夢。そこにはいくつもの挫折と喜びがあることでしょう、今までのように。

又。トップをとったら終わり……なんて考える方もいらっしゃることでしょうが、そんなことはないのです。むしろ、そこからがアイドルの本番と言っても過言では無いでしょう。すべてを手に入れて尚そこに身を置くとなると、当然お仕事に対する要求はとても大きなものとなります。もっと上へ、と急かされるように。

その度に重くのしかかる、下からの圧力。虎視眈々とその座を奪い取ろうとする、強い力。常にストレスとの戦い。そのうえで笑顔でいなくてはならないし、大変に疲労もたまりましょう。正直、そこまでする理由はあるのかと問われると、私は答えることが出来ません。なぜなら、そこに立ったことがまだ無いですから。勿論、それを目標として彼女たちは進んでいます。皆様がモブと揶揄する、まだ小さな星たちも。

 

次の話をしましょう。佐久間の小さな野望とも言える、運命の人とともに歩んでいくこと。それは、人生が薔薇色に輝く甘美で素敵な世界。しかし、前身がアイドルとなると、少し状況は変わってきます。

人気アイドルには勿論ファンがたくさんついています。そのファンの皆様を裏切って、自らの運命の人とともに歩むのです。又、アイドルをやめるということは、普通の女の子に戻るということ。愛したファンの皆様も、いつかはこちらを見ることはなくなるでしょう。そこには、海のような星空のような、美しいサイリウムは存在しません。ひたすらにそこにある幸せを追い求めていく世界。

もう少し深い話をしていきましょう。勿論のことですが、ファンの中には、アイドルのことを盲信している人もいるでしょう。彼女は自分のことが好きだ、自分とあの子は付き合っている、だなんて。正直言ってそれは妄想でしかないのですが、その人はそれを信じ切っているのです。その上で、その子が突然知らない男と姿を消したとなると、当然憤慨し奪い取ろう……、取り返そうと言う思考になることでしょう。怖いですね。

タガが外れた人間は、簡単に犯罪に手を染めます。ファンだった方は一転してネットストーカーとなり、その存在は危険因子と成り下がります。その対象は、アイドルである彼女達だけではなく、ともに歩むと決めた男性へも向いてしまうのです。当然ですよね、自分の愛する人を奪われたのですから。

そうして世界を敵に回すような状況になっても、貴女はその人とともに歩む覚悟があるのでしょうか。 

 

一つ言っておくと、他の人がどう考えるか、なんて関係ないのです。大事なのは、貴方が何をしたいか、です。

……といったところで、このお話の結びとしたいと思います。読んでいただき、ありがとうございました。

次の方は……マスニキ様ですね。やきうの話をするらしいです、楽しみですね♪

それでは、近いうちにまた会いましょうね!

※原文はこちら